マンションの相続税対策について

マンションの相続税対策について

 相続税を節税するのに有効なのは、現金を不動産にしてしまう事です。何故なら財産を不動産に帰ると、市場価格の評価額が大きく減少する為、相続税をかなり節税出来るからです。

 その為現金よりも不動産を購入して相続させた方が、節税という意味ではかなり得になります。

 不動産といっても、戸建て住宅よりマンションを購入するのがおすすめな理由があります。それはマンションの土地部分の評価額算出方法があるからです。
部屋数が多いマンションだと、土地面積が戸建てよりも小さく計算される為、土地の評価額は時価の半分程度になります。その為相続税対策には非常に適しています。
他にもマンションを購入するメリットは色々あり、まず高層あればあるほど、各住戸の土地持分が小さくなるので、時価に対して相続税評価も小さくなり、その結果節税額が大きくなるという点です。

マンションの相続税
 
 また中古市場も人気がある為、戸建て住宅等他の不動産と比較しても価格が安定しています。今後も市場は堅調に進むと予想されているので、現金を持っているよりも不動産にしてしまった方が安心ですし、いざと言う時はすぐに換金出来ますし、さらに相続税対策にもなるという点でもメリットです。

 それから投資利回りで安定性があるというのも魅力の1つです。銀行に現金を預金していても大した利息は付きません。しかしマンションであれば賃料が安定して入ってくるので、所有しているだけでも安定的な投資利回りを得る事が出来るというのもメリットです。もちろん将来的に子供に相続させれば、相続税も安くする事が出来ます。

 あとやはりマンションは、ブランド性が高く、今や戸建て住宅よりも人気があるというのもメリットです。その為所有しているだけで、資産としての価値はありますし、将来相続させる時も相続税を節税出来るだけでなく、相続人の満足度を高める効果もあります。

 このように現金よりもマンションを持っている方が、相続税対策はもちろん、それ以外にも色々とメリットがあるので、将来子供や孫に財産を相続させようと考えているのであれば、現金をマンションにしてしまってから相続させた方が良いです。マンションの相続税対策のほかに、節税効果はないそうですが家族信託をつかって相続のスキームでは実現できなかったことが叶えることができるようになった(信託法の改正によって)そうですので、家族信託について弁護士に相談するのもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です